歯周病

  • 日本人の8割が持っていると言われる歯周病。
    歯を失う原因として最も多い症状です。

    歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが悪くなる病気で、そのまま放置して悪化すると出血や炎症を伴います。しかし、痛みはほとんどありません。 さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。この時期になると、痛みや腫れも症状として出始め、最後には歯が抜けてしまう怖い病気です。

  • 早期発見と早期治療に加えて、日頃からのメンテナンスの推奨

    痛みなどの自覚症状がほとんどないため、進行状況に気付きにくく、いつの間にかに取り返しがつかないほどになっており、抜歯をしないといけないような状況になっていることもあります。そうならないためには、早期発見と早期治療。さらに日頃からの定期的なメンテナンスが大切になります。歯周病になる前の段階で初期のアプローチを行いましょう。

  • もしかして歯周病かも?チェックシート

    • 歯ぐきが腫れる
    • 歯がグラグラ動く
    • 歯ぐきから血が出る
    • 口が臭い
    • 歯ぐきが痛む
    • 口の中がネバネバする

    上記の症状が気になる方は是非中村歯科へご相談ください。

歯周病の進行度合いとその症状

  • 軽度歯周病

    歯肉炎が進んだ段階が軽度歯周病となります。ブラッシングやフロスをすると出血がありますが、歯肉炎の症状とほぼ変わりません。この時点で歯周病と気付くことは難しいです。既に歯と歯茎を付着させている組織が溶けてしまって、歯周ポケットができている状態です。歯周ポケットの深さは、約3~4mmぐらいになります。

  • 中度歯周病

    中度歯周病は、顎の骨が溶けはじめた状態で、歯を指で押すとグラつきます。歯肉が腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、歯が浮くような感じがしたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、約4~6mm程度です。

  • 重度歯周病

    重度の歯周病になると、歯肉は膿が出はじめ赤紫色に変色します。これまで歯ぐきに隠れていた歯の根元も、歯ぐきが下がり、よりはっきりと露出されるようになります。 歯を支えている骨もほとんどが溶けてしまっているので、歯がグラグラと動き、食べることも難しくなります。また、口臭も非常にキツくなるので、日常生活を送るのも一苦労となってしまうかもしれません。

中村歯科の歯周病治療への取り組み

患者様へは、日頃の家庭での口内のケアが適切に行われるため、歯科衛生士によるブラッシングなどへの指導に力を入れています。また、歯科による定期的なメンテナンスも同時に推奨しており、歯周病になってから治療を始めるのではなく、”なる前”のアプローチを大切にしています。

電話
お問い合わせ
アクセス
メニュー